美容コラム「しみ」はどうしておこるの?

年齢と共に気になってくるシミ。

ついこの間までなかったのに、ある日鏡を見てびっくり!

あぁ、やっぱり年には勝てないか・・・

なんて思っていませんか?

シミができる仕組みを理解することで、シミの対策もわかってきたりもします。

ここではシミはどうやってできるのか?

を解説していきます。

シミはどうやってできる?

シミができる大きな原因は紫外線です。

紫外線が肌にあたると、肌を守るため、脳から表皮の最も下にある紫外線が肌にあたると、メラノサイトへ「メラニン」をつくるように指示が送られます。

メラニンはやがて参加されて黒色メラニンとなります。この黒色メラニンが肌に残り、しみの原因になってしまいます。

肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことです。

私たち人間の肌はいつも同じ状態ではなく、以前からある細胞が肌の内側徐々に押し上げれて、やがて表面から垢となって剥がれ落ちるという工程を常に繰り返しています。

また、生活習慣の乱れや食生活の乱れ、睡眠不足などにより本来なら自然に剥がれ落ちていく不要になった肌の細胞が黒色メラニンと一緒に肌に残ってしまいシミになってしまいます。

では、シミを改善するにはどうしたらいいのでしょう?

  1. ビタミンを補給する
  2. 日傘や日焼け止めで紫外線から守る
  3. 規則正しい生活を守る

といったこと必要になっていきます。

ビタミンを補給する

できてしまったしみを改善するには、からだの中からビタミンをしっかり補給することが大切です。シミの原因のメラニンの生成を抑えて、色素沈着を防ぐビタミンンCや肌のターンオーバーを正しくサポートしてくれるビタミンB2、黒色メラニンの排出を手助けするビタミンEなどを摂取すると効果的です。

日傘や日焼け止めで紫外線から守る

すでにできてしまったシミは紫外線の刺激でさらに悪化することがあります。それとタバコや大気汚染もシミができることが分かってきました。

その他気をつかること

・規則正しい生活をおくる
・ストレスをためず、十分な睡眠をとる
・美白化粧品を使う

まとめ

毎日の健康に必要なビタミンは食事で摂るのが基本です。しかし、効能・効果を期待される方やビタミンを食事で摂れない方は、医薬品または医薬部外品のビタミン剤を上手に活用しましょう。
医薬品・医薬部外品のビタミン剤には、効能・効果が明記されています。
その効能・効果を発揮するために、使用期限中は表示成分がきちんと入っていなければならないと定められています。そのため、成分の安定性を保つためさまざまな技術が施されています。

商品情報